0003 タバコによる病気

  • うつ病

喫煙者は、うつ病のリスクが高い

  • ストレス

ニコチン切れによるストレスなど

  • 動脈硬化

タバコを吸っていると、悪玉(LDL)コレステロールが血管にたまりやすくなるだけでなく、動脈硬化を防いでいる善玉(HDL)コレステロールが減ってしまいます。

  • 高血圧

「高血圧+喫煙」は脳卒中を招く

  • 糖尿病

タバコを吸っていると糖尿病になりやすいことが分かっています。

  • メタボリックシンドローム

呼吸がつらいから運動しなくなるもんね

  • バセドウ病

喫煙者はバセドウ病になりやすい

http://ja.wikipedia.org/wiki/バセドウ病

  • 胃潰瘍

タバコを吸う方は、吸わない方に比べて胃潰瘍が3.4倍も生じやすくなります。そして胃潰瘍が治っても、タバコを吸う方の約半数が胃潰瘍を再発してしまうのです。

  • 骨粗しょう症

喫煙すると「骨への血液供給が減る」「骨を形成する細胞(骨芽細胞)が生産されにくくなる」「カルシウムが吸収されにくくなる」などの理由で、骨密度が低下するためです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/骨粗鬆症

  • 脳卒中

脳卒中は、脳の血管が詰まったり破れたりするために、その先に十分な酸素や栄養が行き届かず、脳細胞が死んでしまう病気です。脳卒中が起こると、後遺症で寝たきりになったり、命を失ったりすることもあります。

  • 心筋梗塞(しんきんこうそく)

心筋梗塞は、心臓の筋肉(心筋)に酸素や栄養を送っている血管(冠動脈)が詰まり、心筋に酸素が行き届かず不足することです。心臓が止まってしまうこともあります。

  • ぜんそく

喫煙は、肺細胞を壊すからね

  • がん

タバコが深く関わる病気として最もよく知られているのは肺がんです。タバコの煙が触れる口腔や咽頭、喉頭も、喫煙により、がんが生じやすくなります。

  • COPD

COPD(Chronic Obstructive Pulmonary Disease:慢性閉塞性肺疾患)は、呼吸がしづらくなる呼吸器の病気で、タバコ病とも呼ばれます

  • 肺炎

タバコを吸っていると線毛の働きが鈍くなり、病原体が肺に届きやすくなるため、肺炎になるリスクが高まります。

  • 妊娠・出産への悪影響

有害部質を取り込んでるから当然の結果だね。いますぐタバコを

辞めましょう。

  • 乳幼児突然死症候群

乳幼児突然死症候群(SIDS:Sudden Infant Death Syndrome)は、それまで元気だった乳幼児が突然死する病気です。

  • ED

タバコを吸う方は、EDのリスクが高まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

管理者オススメのアプリ

簡単に日々のスケジュールを管理できる無料のphoneアプリです。
スケジュール、シフト管理、TODO,お小遣い管理、メモなどいろいろ使用できるアプリ。
メニューの並び替えも自由!


すごい手帳を使ってみる

アクセス数: 無料カウンター




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://smartwolf.sakura.ne.jp/Blog/mt-tb.cgi/93

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7