0005. Swift 入門 Swiftの歴史

Swift(スイフト)の歴史

Swiftとは、iOS8.0から正式に導入された言語である。
Swiftが存在しない場合には、iOSでの開発については、
Objective-c でしかできなかったのである。


歴史
Swiftは2010年にLLVMの始祖であるChris Lattnerによって開発が始められた。
その後Apple社内での4年間の開発期間を経て、2014年のWWDCにおいて一般に発表され、
同時にAppleに開発者登録している開発者に対してベータ版の提供が開始された。
現在、正式版となり、SwiftでもiOSアプリを実装できるようになった。


特徴
AppleはSwiftの発表に際して「モダン、安全、高速、インタラクティブ」を大きな特徴として挙げた。

  • モダン

クロージャやタプル、ジェネリックプログラミング、Optional型の採用などが挙げられる。

  • 安全

静的な型チェック、変数の初期化の強制、数値型のオーバーフローの検査、自動参照カウントによるメモリ管理などが挙げられる。
また、if文のブレースの省略禁止、switch-case文は明示的に指定されない限りフォールスルーしないなど、
既存のプログラミング言語において記述ミスによるバグが発生しやすかった部分を文法的に解決している。

  • インタラクティブ

Swiftはコンパイラ言語でありながら、インタプリタとしてスクリプトを実行することも可能で、対話実行環境も用意されている。
Swiftと同時に発表されたXcodeバージョン6では、コードの実行結果をグラフィカルに確認しながら開発できるPlaygroundsが実装された。

  • 実は高速!

Objective-cで実装したコードよりもSwiftで実装したファイルの方が実は、高速なのです。

  • 実はバックボーンはObjective-Cと同じ

Mac OS XやiOSの機能を利用するときはObjective-Cで使っていた機能がそのまま利用される、というわけです。


参考URL 

管理者オススメのアプリ

簡単に日々のスケジュールを管理できる無料のphoneアプリです。
スケジュール、シフト管理、TODO,お小遣い管理、メモなどいろいろ使用できるアプリ。
メニューの並び替えも自由!


すごい手帳を使ってみる

アクセス数: 無料カウンター




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://smartwolf.sakura.ne.jp/Blog/mt-tb.cgi/138

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7