0012. Swift 入門 構造体、列挙型、タプル

0012. Swift 入門 構造体、列挙型、タプル

構造体とは?

構造体は、オブジェクトをそのまま利用したい場合に使用します。
つまり、「値と処理を一つにまとめるためのもの」です。

・定義はstructを使う
struct 名前 {
......プロパティ、メソッドの記述......
}

・継承できない

・イニシャライザが不要
 構造体は、引数にプロパティの値を設定すると、自動的に
設定されます。

・参照ではない!
 構造体は、毎回新規にインスタンス化されるので、参照されることはありません。


enum(列挙型)について

enumは、値に名前をつけて、簡単に値を判別させるために使用します。

enum 名前 {
case 値1
case 値2
......略......
}


タプル(Tuple)について

タプルは、種類の異なる値をひとまとめにして
扱うことのできるのです。

0から始まる記述方法
( 値1 , 値2, ......)

keyを設定する記述方法
( キー1 : 値1 , キー2 : 値2 , ......)

管理者オススメのアプリ

簡単に日々のスケジュールを管理できる無料のphoneアプリです。
スケジュール、シフト管理、TODO,お小遣い管理、メモなどいろいろ使用できるアプリ。
メニューの並び替えも自由!


すごい手帳を使ってみる

アクセス数: 無料カウンター




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://smartwolf.sakura.ne.jp/Blog/mt-tb.cgi/145

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7